導入要件

Spanner小型木質バイオマス熱電併給プラントの導入要件

導入に設置場所は当然必要ですが、その上:
  1. 燃料
  2. オペレーション
  3. 熱利用
  4. 電気利用
  5. インターネット接続

燃料

燃料の近場での安定調達は欠かせません。 燃料は日本で広く流通されている自然のままの 木質切削チップです。竹、古タイヤー、籾殻、 破砕チップなどはいずれも対象外です。

オペレーション

オペレーションは全自動でも、無人ではありません。 定期的な掃除、調整と整備が必要です。機械の理解のうえ、機械に対するセンス、整備知識が必要です。 圧力容器、蒸気、ガスタンク、危険物などは ありませんので、運用に特別な資格が不要です。

熱利用

熱利用がなければ、システムは冷却不足で非常停止します。熱の利用で安定運用と熱の対価で経済性が両立します。熱はお湯として熱交換器で用意します。 蒸気、圧力容器などはないので、運用のための 特別な資格が不要です。

電気利用

電気利用がなければ、システムは負荷不足で非常停止します。売電でも自家消費でも対応しています。 全国の電力系統に対応しています。

インターネット接続

常時インターネット接続で遠隔監視やサポートを行います。

(c) Spanner KK